バイナリーオプションでは何が必要となる?用意すべきものを解説

現在バイナリーオプションは流行りつつあります。実際にTwitterやインスタグラムでバイナリーオプションのレクチャーを行っているアカウントがたくさんあるほどの賑わいです。

このアカウントはあまり信頼性がないのですが、多くの方に注目されているのは間違いありません。

そこで、バイナリーオプションを開始したいと考えている方はたくさんいるでしょう。

しかし、投資経験が無かったり浅い方にとっては開始するまでの流れは恐ろしく面倒なものです。

今回は、そんな方でも手軽にバイナリーオプションを始められるようにするために必要なものをリスト化します。

是非参考にしてみてください。

    目次

  1. バイナリーオプションを始めるにあたって必ず用意すべきもの
  2. 口座開設
  3. 顔写真付きの身分証明書
  4. 現住所がわかる書類
  5. PCまたはスマホ
  6. インターネット回線
  7. 必須ではないがほぼ確実に必要となるもの
  8. 資金
  9. MT4
  10. まとめ

バイナリーオプションを始めるにあたって必ず用意すべきもの

まずはバイナリーオプションを始めるにあたって絶対に必要なものを紹介します。

これらが1つでも欠けているとバイナリーオプションのトレードをスタートすることすらできないのであらかじめ用意しておきましょう。

1部ですが中にはスペックが高いものを求められることがあるのでご自身が用意したものがバイナリーオプションをする上で満足行く性能を持っているのかどうかに関しても確認しておくのがおすすめです。

口座開設

バイナリーオプションを始めるためには口座開設をして取引できる土台を作らなければなりません。

口座開設すると言ってもどのバイナリーオプションを利用するべきかわからない方も多いと思いますが、2019年9月現在では次の2口座がおすすめです。

・ハイローオーストラリア

・ザオプション

この2口座は海外バイナリーオプション会社であり、トレードをするにあたって最も重要視されているペイアウト率と信頼性が大変高いことから広く親しまれています。

ハイローオーストラリアのペイアウト率は大体1.95倍とかなりの高水準です。ザオプションで安定して出るのはは1.88倍とハイローオーストラリアには一歩及ばないものの1.8倍が基準である海外バイナリーオプションの中では十分に優秀と言えるでしょう。

いくらペイアウト率が高くても信頼性が無ければ意味がありません。顧客の資金が集まったところでいわゆるトンズラしてしまったり出金拒否をしてしまう会社もあるのです。

しかし、この2社は金融ライセンスを持っているので国に認められた存在であり、不正行為をする可能性は低いので安心できます。

顔写真付きの身分証明書

バイナリーオプションの口座開設をするためには顔写真付きの身分証明書が必要です。

国内バイナリーオプションの場合はマイナンバーも求められます。これが無ければ本人確認ができないので口座を開くことができないので必ず用意してください。

身分証明書として扱うことができるのは主に運転免許証・マイナンバーカード・パスポート(住所の記載あり)などです。

現住所がわかる書類

バイナリーオプション会社は顧客の現住所を抑える必要があるので、顔写真付きの身分証明書に記載されている住所と同じ内容が書いてある書類を用意しましょう。

現住所がわかる書類は色々ありますが、代表的なのは電気代・水道代・ガス代など光熱費の請求書やスマホ・通信回線の請求書などです。

これで住所を証明できるので探しておきましょう。

ただ、送信する前に1つだけ注意点があります。それは、多くのバイナリーオプション会社が半年以内に作られた書類の提出を求めてくることです。

比較的新しい住所の情報でなければ居住実態がわからないので受理されにくくなってしまいます。例えば10年前の電気代の請求書をされても、もう引越した可能性が十分にあるので信頼はできません。

このため、身分証明書に記載された住所と異なるところに住んでいるというリスクを減らすべく半年以内の書類が求められるのです。

PCまたはスマホ

今回は、バイナリーオプションを開始する上で必要なものについて解説しました。

1つでも欠けてしまうとトレードができない、もしくは支障をきたす恐れがあります。

これらを用意しておけばバイナリーオプションをスムーズに開始できるのでぜひ参考にしてみて下さい。

インターネット回線

端末があってもインターネット回線が無ければバイナリーオプション会社に繋げません。このため、口座開設もトレードもできないのです。

とはいえ、インターネット回線を持っていないという方はあまりいないでしょう。注目すべきは回線速度です。

特に求められるのは下り速度であり、30mbpsあれば十分でしょう。また、ping数も重要です。

これはボタンを押してからその操作が実行できるまでの速度を数値化したものと考えて下さい。この数値が低ければ取引ボタンを押してた後にスリッページが起こりにくいです。(ping数は低い方が良い)

具体的には10以下にするのが望ましいでしょう。ただし、これはかなり良い水準なので光回線を契約する必要があります。

とはいえ、これは少しでも早く約定しなければならない短期取引の場合の基準なので長期取引の場合は50程度でも問題ありません

ご自身の回線速度を調べるならFAST.comを使うのが便利です。ping数はレイテンシの項目を見ればわかります。

必須ではないがほぼ確実に必要となるもの

バイナリーオプションをする上で必ずしも必要ではないが、99%以上の方が必須と考えているものを見ていきましょう。

資金

バイナリーオプションはお金を賭けなければ資金を増やすことができないのである程度のお金は必要です。

トレードが確率するまでは少額投資がおすすめなので5万円程度持っておくと良いでしょう。

一応、ハイローオーストラリアやザオプションは入金後に5000円のボーナスが出る(出金はできない)のでこれを使ってトレードし、勝ち続ければお金は必要ありません。

ただし、これは現実的ではないので素直にお金を用意して下さい。

MT4

MT4はかなり優秀で世界中の人が利用しているチャートです。バイナリーオプション会社の提供するチャートはどれも使いにくく、過去の値動きが極めてわかりにくい上に水平線すら引けないケースがザラにあります。

このため、チャート分析をしたければ外部のチャート使いましょう。そこで第一候補となるのがMT4です。

MT4は様々なところからダウンロードできるのですが、おすすめは期限が無いXM社のサイトから取ることです。

デモ(無料)トレード口座を開設することで使用できるようになるので、是非試して下さい。

詳しいダウンロード方法は「XMデモ口座開設からMT4ログインまでを解説【最短3分】」にて解説されています。

まとめ

今回は、バイナリーオプションを開始する上で必要なものについて解説しました。

1つでも欠けてしまうとトレードができない、もしくは支障をきたす恐れがあります。

これらを用意しておけばバイナリーオプションをスムーズに開始できるのでぜひ参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です